カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

 

重要刀剣 正宗十哲の一人 大珍品 古刀最上作 南北朝時代 石州直綱 生ぶ品 国宝級 刀 脇差 見事な鞘書き

国宝級刀!! 直綱は同名数工が存在し、石見国(現在の島根県邑智郡邑南町出羽おおちぐんおおなちょういずは)、出羽鉄の産出する地に住したとされ、茎に出羽と添えたものがある。古来初代は左衛門尉盛綱の子と伝えられ、五郎正宗門、所謂『正宗十哲』の一人に数えられる。日本刀銘鑑によると初代を貞和(1345-49)、二代を永和(1375-78)、三代を応永(1394-1427)、四代を文明頃(1469-86)としている。二代の作と鑑する太刀二口と短刀一口が重要美術品に指定されている。 大変希少なものです!!是非価値がわかる方、目利きの方、刀に目がない方々はご購入を!!今を逃せばもう入手は困難です!!

重要刀剣 正宗十哲の一人 大珍品 古刀最上作 南北朝時代 石州直綱 生ぶ品 国宝級 刀 脇差 見事な鞘書き

価格:

4,545,455円 (税込 5,000,000円)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

重要刀剣 古刀最上作 南北朝時代 正宗十哲の一人 石州直綱 銘:表【- 】 裏【-】付属品:登録書 重要刀剣鑑定書 種別:脇差         登録番号:30629  平成18年12月04日   サイズ:長さ 35.2 糎   反り0.5糎  目釘穴 三中一埋  元幅:3.3cm 程 元重:0.6cm 程 先幅:2.6cm 程 先重:0.4cm 程   鞘全長:55cm程 刀身重量:270g 程(ハバキ・柄を除く) ハバキ重量:25.4g程

ページトップへ