カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

 

虎徹 新刀上々作 大業物 会心作 一尺二寸八分有之 脇差

虎徹 新刀上々作 「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)は、江戸時代中期、江戸で作刀した刀匠です。 もともと越前国(えちぜんのくに:現在の福井県)の甲冑師であり、50歳前後のころ江戸に出府して刀鍛冶に転じました。師について確たる説はありませんが、和泉守兼重とする説が有力視されています。 長らく甲冑師だったこともあり、鉄鍛えが良く、地刃ともに冴えを見せます。

虎徹 新刀上々作 大業物 会心作 一尺二寸八分有之 脇差

価格:

545,455円 (税込 600,000円)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

銘:表【虎徹】 裏【-】 付属品:登録書 種別:脇差 登録番号:45014 昭和59年3月13日   サイズ:長さ 一尺二寸八分有之 (38.9cm) 反り: 0.3cm 目くぎ穴 1個 元幅:2.7cm 程 元重:0.7cm 程 先幅:2.1cm 程 先重:0.6cm 程 鞘全長:60.5cm程 刀身重量:391g 程(ハバキ・柄を除く) ハバキ重量:23.5g程 鍔重量:-g程

ページトップへ